top of page

現在実施中&過去のイベント

日本最古の舞台芸能である、「能」は750年に渡り過去から現在に引き継がれています。 その日本古典芸能の代表である能の本格的な公演を、オーストラリアでは初めてJAPAN EXPOの特別行事として、シドニーにて開催いたします。

 

能楽師は、神戸西ノ宮にある一般財団法人、「日本伝統芸術文化財団」から、梅若基徳氏を筆頭に、重要無形文化財総合指定者5名と他4名で、本格的な能を舞い、日本伝統文化の本物の魅力をオーストラリアに発信します。 又、オーストラリアの先住民の伝統楽器である

ディジャリデューの演奏も披露し、日豪文化友好に貢献します。

大阪国際万博の助成を得ています。

羽衣
Hagoromo

 

能&ディジュリドュコラボレーション
「羽衣」in 豪州シドニー
11月16日(土)19時~21時
Sctos Church Sydney ( 44 Margaret St, Sydney NSW 2000)

​主催:J Culture Sydney, 日本伝統芸術文化財団(西宮能楽堂)
​後援:在シドニー日本国総領事館

過去の開催イベント

吟詠、剣舞、詩舞 演舞公演
​2024年12月13日(金)19~21PM
Scots Church Sydney / 44 Margaret Street, Sydney

吟剣詩舞とは日本の伝統芸能の一つで、吟詠、剣舞、詩舞の総称。

吟詠とは、漢詩に節という独特のリズムを付けて詠う、日本の古典邦楽。起源は紀元前、中国で作詞された漢詩であり、日本では古事記、日本書紀、和歌などを自分の感情表現として詠ったものとされている。

剣舞とは、吟詠に合わせて主に日本刀を使って舞う、日本の古典舞踊。起源は15世紀末頃の戦国時代に武士が、日本刀の所作を舞にしたものになり、吟詠の題目に合わせて勇ましい表現をし、士気の高揚が目的とされていた。武士発祥の舞なので、衣装は紋付き袴と簡素なものとなっている。

詩舞とは、吟詠に合わせて主に扇子を使って舞う、日本の古典舞踊。起源は剣舞確立以後の戦国時代であり、刀だけでは表現できない題目に扇子の表現を加えたものになる。風景、恋愛、心情など題目は多岐にわたるが、剣舞同様に武士発祥の舞。

今回のシドニー公演では、錦凰流お家元から5名の演舞者が、本格的な吟剣詩舞を舞う。

プログラム 

7 pm~7:45pm Workshop

15mins interval

8pm~9pm Samurai Dance and Song ( HEIKE STORY )

 

One Night Only.

Mark your calendars and join us for an unforgettable evening!

 

Artist : Ryuho Arai and 5 performers from JAPAN

School : Kinouryu

Style : Gin-Ken-Shibu

​主催:J Culture Sydney, 荒井龍鳳
​後援:在シドニー日本国総領事館
bottom of page